介護の認識を変える1週間

介護の認識を変える1週間

WHAT IS KAiGO PRIDE WEEK?KAiGO PRiDE WEEKとは?

これは介護の認識を変える1週間。

毎年2月22日は”KAiGO PRiDE DAY”。
それは日本の介護が持つ可能性に気付き、
さらに拡大していくための新しいきっかけ。

この日を含む約1週間を”KAiGO PRiDE WEEK”として
現役介護職や専門家による様々なアクションを通し、
あなたが持つ介護の認識を変えていきます。

EVENT SCHEDULEイベントスケジュール

開催時間については暫定です。確定し次第更新していきます。(1月6日時点)

EVENT INTRODUCTIONイベント紹介

Day12/18 . SAT

10:00〜12:00

Session-1オープニング

『介護のマネジメントの認識を変える』

介護事業所におけるマネジメントや災害対応について。

  • ホスト:フルオンライン

近年注目を集める介護事業所におけるマネジメントについて、KAiGO PRiDE理事であり日本介護福祉会相談役・熊本県介護福祉士会会長の石本がその知見を共有します。特に事前の備えと臨機応変な対応が求められる感染症・災害時のマネジメントについては熊本地震での事例も踏まえ、”現場のリアル”が語られます。 これを聞けば、あなたの事業所マネジメントへの認識が変わります。

Day22/20 . MON

10:00〜12:00

Session-3-1

『介護職のスキルの認識を変える』

介護職の⽬に⾒えない⾼度なスキルについて共有する。

  • ホスト:山形県
  • 出演者(オンライン参加):秋⽥県、福井県、⾼知県の介護職

介護職のスキル、それは心配り・気遣い・作法のようなもの。当然のように行われ、やっている本人ですら気付いていないかもしれない高度なコミュニケーションの技術について、4つの県の現役介護職が語り合います。目には見えないそれらの技術が介護の職の声を通して見えてくる。 これを聞けば、あなたが持つ介護職のスキルへの認識が変わります。

Day32/21 . TUE

13:00〜15:00

Session-3-2

『介護の働き⽅の認識を変える』

多様な働き⽅を求めるミドル層の介護業界での活躍について共有する。

  • ホスト:熊本県
  • 出演者(オンライン参加):福島県、世⽥⾕区、三重県の介護職

介護の仕事と一言で言っても、様々なサービス・様々な職種・様々な働き方があります。その幅は一般に思われている以上に広いです。ライフステージの変化に伴って転職・復職や働き方の変化を経験された現役の介護職が、その経緯や想いを語ります。新しい生き方を模索する4〜50代のミドルエイジ世代に聞いてほしい。 これを聞けば、あなたの介護の働き方への認識が変わります。

Day42/22 . WED

13:00〜15:00

Session-3-3

『介護を志す若者の親世代の認識を変える』

介護を⽬指す若者を応援するために、親世代にその真の魅⼒を伝える。

  • ホスト:埼玉県
  • 出演者(オンライン参加):岩⼿県、千葉県、岡⼭県の介護職

若者が介護の道を志そうとした時、周囲の大人からの応援を得られない場合があります。親が、学校の先生が、間違った先入観によって別の道を促すケースもあります。現役介護職が進路選択における親との関わりについて語ります。なんと、今春介護施設に入職予定の現役高校生も出演予定。 これを聞けば、親世代のあなたの介護への認識が変わります。

17:00〜19:00

Session-2

『世界の介護の認識を変える』

日本の介護職が海外の介護職とCAREについて語る。

  • ホスト:録画配信

文化も制度も違う海外の介護業界。そこで働く介護職はどのように日々のケアを行い、何を思っているのか。国を跨いだ、介護職同士の語り合い。日本の介護の素晴らしさはどんなところなのか、海外の介護から学ぶべきところはどんなことなのか。日本の介護をKAiGOとして世界に発信する第一歩。 これを聞けば、あなたの世界の介護への認識が変わります。

Day52/23 . THU

11:30〜11:45

Session-4-1

『介護を中心とした街づくりの認識を変える』

元気⾼齢者を中⼼とした街づくりについて。

  • ホスト:世⽥⾕区
  • 出演者(オンライン参加):ー
  • リアル参加会場:玉川区民会館「玉川せせらぎホール」

超高齢社会という言葉が耳に馴染んできた昨今。「1人の若者が1人の高齢者を支える時代」というのは、実は間違ったイメージかもしれません。70代80代になっても社会に関わり経済活動に参加する元気高齢者の存在は、これからの街づくりにおいて欠かせないものであり、その活躍の場の一つとして介護があります。 23区で最も高齢人口が多く実際に様々な取り組みを進める東京世田谷区・保坂展人区長、全国で「GEBER」などの先進的な活動をされる東京大学先端科学技術研究センター特任教授・檜山敦先生、KAiGO PRiDE代表マンジョット・ベディの3人が、元気高齢者の街づくりについて語ります。 これを聞けば、あなたの街づくりの認識が変わります。

13:30〜14:20

Session-4-2

『デジタルやロボット活⽤の認識を変える』

介護分野でのデジタルやロボットの活⽤について。

  • ホスト:世⽥⾕区
  • 出演者(オンライン参加):富山県
  • リアル参加会場:玉川区民会館「玉川せせらぎホール」

様々な分野で適用が進むロボットやAIなどのテクノロジー。介護業界も例外ではなく、多くの新しい技術が現場レベルで使われ始めています。介護の現場でのデジタルやロボットの活用について、介護職が重要視すべきことはなんなのか。それによって介護職と利用者になにがもたらされるのか。富山県介護福祉士会会長・舟田伸司先生にお話し頂区予定です。これを聞けば、介護分野でのテクノロジー活用の認識が変わります。

13:30〜14:20

Session-4-3

『介護の職業病予防の認識を変える』

腰痛などの職業病予防について

  • ホスト:世⽥⾕区
  • 出演者(オフライン参加):富山県
  • リアル参加会場:玉川区民会館「玉川せせらぎホール」

介護職の離職原因の一つとしてあげられるのが、介護の職業病とも言われる「腰痛」などの身体の不調です。こういった職業病は、正しい知識と技術を備えることで緩和・予防することが可能です。その予防法について世田谷区福祉人材育成・研修センターセンター長・瓜生律子先生にお話し頂きます。 これを聞けば、介護の職業予防の認識が変わります。

14:20〜15:00

Session-4-4

『ダイバーシティ介護の認識を変える』

介護におけるLGBT+に関わる対応について。

  • ホスト:世⽥⾕
  • 出演者(オフライン参加):ー
  • リアル参加会場:玉川区民会館「玉川せせらぎホール」

介護分野においてもLGBTQ+など性的マイノリティの方々への配慮が世界的に注目を集めています。それと同時に介護職側にもマイノリティの方がいるということにも目を向けていく必要があります。ご自身がFTM(女性から男性への性転換))であることをカミングアウトされ、 訪問介護事業所を経営されているNPO法人Startline.net代表・佐藤悠祐先生にお話しを頂きます。これを聞けば、ダイバーシティ介護への認識が変わります。

Day62/24 . FRI

10:00〜12:00

Session-3-3

『介護職としての誇りの認識を変える』

介護の仕事への誇りややりがいを共有する。

  • ホスト:富山県
  • 出演者(オンライン参加):⼭形県、福島県、世⽥⾕区、熊本県

介護の魅力の中心は、介護職一人一人のマインドにあります。それを介護職自身が発信していくことの価値をKAiGO PRiDEでは何よりも大切にしています。今回初めて、全国でKAiGO PRiDEポートレートのモデルを勤めた介護職たちが集い、その想いを共有します。 これを聞けば、介護への誇りとやりがいの認識が変わります。

Day72/26 . SUN

10:00〜12:00

Session-5クロージング

『⽇本の介護の認識を変える』

KAiGO PRiDE代表マンジョット・ベディがイベントを振り返る。

  • ホスト:フルオンライン

国を、県を跨いだ、私たちの新しい取り組み「KAiGO PRiDE WEEK」。その1週間の様子を代表マンジョットが振り返りつつ、これからの介護の魅力発信において大切になるポイントをブランディングのプロの視点で総括します。これを聞けば、あなたの日本の介護への認識が変わります。

APPLICATIONお申し込み

公式ホームページの
ニュースコーナー
各種SNSでお知らせいたします。

\ SNSでも随時情報発信中! /

ARCHIVEアーカイブ映像

  • Session-1

  • Session-3-1

  • Session-3-2

  • Session-3-3

  • Session-2

  • Session-4-1

  • Session-4-2

  • Session-4-3

  • Session-4-4

  • Session-3-4

  • Session-5